健康のために気をつけたい パソコン利用時の姿勢

健康管理でのデスクワークや仕事のストレスでの姿勢の大切さなどを、幾つかの例から書いてみました。

TOPICS

健康での姿勢の重要性

健康面では、姿勢の大切さは過小評価されているような気がします。中年以降でメタボになり、腹が出てくると、当然重くなります。数キロの肉の塊をお腹に抱え込みながら生きているようなもので、特に仕事では、椅子に座る仕事の場合に腹が重くなり、猫背になります。そうなると姿勢が悪くなりますから肩こりから始まり、目が疲れてしまい、内臓に負担が行きます。そしてその姿勢は無理が体中にかかりますから、ますます疲労していきます。また自分の体の弱い部分に、負担が集中するのは誰が考えてもわかります。血行も悪くなり、腹に血も溜まります。

素人が考えてもこれだけのリスクを背負いますから、日々の運動をしながら椅子に座る時にも姿勢を正して、簡単なオリジナルの体操を自分で開発して、毎日姿勢を正すようにしていると、腰への負担も軽くなるのではないかと思います。デスクワーク用の体操が、よくインターネットのサイトなどでもありますし、ヨガや古武術を応用したものもあります。そのようなものから、自分のオリジナル体操を、椅子に座りながら試してみるというのも必要な気がします。また姿勢を正すと、腹の肉がどれほどかわかります。

仕事は、自分で選べませんので何時間も座っていたり、商談で駆けずり回ったりする場合には、健康管理が欠かせませんが、とてもストレスが溜まりますので、その後飲みに行き、ますます負担がかかるということの繰り返しになります。さすがにそれでは、自分の体に病気になるなという方が無理でしょう。