健康のために気をつけたい パソコン利用時の姿勢

姿勢を正しくすると、肩こりや冷えの解消に役立ち、元気を保つこともできます。健康のために姿勢に気をつけて下さい。

TOPICS

健康を守るため姿勢に気をつける

子供の頃、座っていると「姿勢が悪い。背筋をまっすぐにしなさい」とよく注意されました。最初は姿勢を正しているのですが、少したつと徐々に背中が丸くなってしまうのです。それが癖になると、背中を丸めていた方が楽になってしまうので気をつけなさいと、親には厳しく言われてきました。確かに少々見栄えは悪いかもしれませんが楽だからいいじゃないかと思い、親のいない場所では背中を丸めていることが多かったのですが、大人になるにつれて、それではいけないと思うようになりました。気づいたのは大学受験のときで、それまでよりも机に向かう時間が格段に長くなり、肩こりがひどくなったことがきっかけです。友達に、肩が痛くて仕方ないと言うと「あなたは勉強するときにすごく姿勢が悪いから、余計に肩こりがひどいのかも」と言われました。肩こりと姿勢がどう関係するのかわかりませんでしたが、妙にその言葉が耳に残ったので、試しに意識して背筋を伸ばすようにしたところ、翌日には肩こりが軽減されていたのです。

背中が丸くなると、頭が前に突き出すような形になります。頭の重さは、成人で4キロ以上あるそうです。それを首が支えているのですが、頭が前のめりになると支えるのが大変になり、首が繋がっている肩や背中の筋肉に無理がかかるのです。たかが姿勢と思っていましたが、ちょっと気をつけるだけでこんなにも体の調子に差が出るのかと驚きました。また、筋肉の疲労と同時に、背中の血流も悪くなるので、手足が冷えたり、新陳代謝が悪くなったりもするそうです。それからは姿勢を正すようにしたので、頭痛の解消はもちろん、受験勉強中の冬場にも、あまり冷えに悩まされることはありませんでした。姿勢は、体全体の健康にとても影響するのだなと思いました。姿勢を正しく保つのは、最初は大変ですが気をつけていればすぐに慣れて、それが普通になります。健康のために、背筋を意識してみてください。