健康のために気をつけたい パソコン利用時の姿勢

座る姿勢において、体に健康的なものとしては、90度に維持することです。椅子や机を設定します。

TOPICS

座る姿勢で体に健康的になるもの

スラっとした人が足を組んでいると格好良く見えることがあります。そういった姿を見ると真似をしたくなるものです。体型が伴っていなければ、格好良くは見えません。一度足を組むのを覚えると、無意識のうちにしてしまうことがあります。長時間座っている時などは、特に、してしまうことがあります。体に関しては、同じ状態にするのを嫌うところがあります。足を組むことによって、一方の足の付根をあげることが出来ます。同じ形を崩すことが出来ます。

しかし、座るときの姿勢として、足を組むのはあまり良くないとされています。足をもう一方の足に載せていますkら、どちらかに負荷が偏った形になります。偏っているので別のところでバランスを取ろうとするので、さらに別のところに負荷がかかることになります。全体的に負荷が分散することになります。何も市内でかかる負荷ではなくて、足を組んだことによる負荷なので、非常に無駄です。組まなければ発生することはないのです。その他にも片肘をつくなどもバラスが悪いです。

健康的に椅子に座るときにおいては、足を揃え、膝を90度、腰を90度に曲げるように座るのが丁度良いと言われています。椅子の高さ、机の高さなどを調節しておきましょう。その状態を常に意識するのは難しいものです。ですから、椅子や机の位置によって、固定するようにするのです。椅子に深く座ったとき、自然に90度になるようにしておけば、意識する必要はありません。少し崩れてきたと思ったら、深く座り直せば正しい状態になります。