健康のために気をつけたい パソコン利用時の姿勢

正しい姿勢は健康の元です。自分の姿を鏡で確認したり、靴裏を見ることで体の歪みをチェックしましょう。

TOPICS

健康と姿勢の関連性について

健康と姿勢に因果関係があると言われてもピンときませんが、体の歪みが健康に害を及ぼすと言えばピンとくるのではないでしょうか。普段から姿勢に気を付けているのに、体の歪みに気が付いていなければせっかくの意識も無駄になってしまいます。

姿見で自分の全身を見てください。まず、頬の下あたりを比べてください。どちらかが膨らんでいる事があれば、片側の歯だけ使って食事をしている証拠です。この歪みがあると体は姿勢を直そうと働きます。これが、益々ねじれを起したり別の部位に負担をかけたりしてしまうのです。一日に一回は自分の姿勢を見てチェックしてみる事はとても大事な事です。良い姿勢をとってもどちらかの肩が下がっている、重心が定まらずふらふらしている、頭のてっぺんとかかとの合わさった場所がずれているなどがチェックポイントです。その他にも日常生活で気を付けたい事があります。片側だけで鞄を持つと歪みが出るのは有名な話です。意外と知られていないのは、片耳だけのイヤリングやピアスです。たかが、数グラムのアクセサリーで体が歪むなんて、と思われますが体は微調整をして頑張って自分を守ろうとしているのです。靴をひっくり返してみてください。すり減り方が左右違うとか踵やつま先だけ以上に減っている場合は体が歪んでいます。街中で中高生の女の子のミュールを見ると必ず内側がすり減っています。そのすり減ったミュールを履き続けるとますます姿勢が悪くなってしまうのです。自分の姿や靴は自分の姿勢の変化を教えてけれています。歪んでいる部分がわかってこそ初めて姿勢を直す作業に入れるのです。